CASE01/審美修復、オールセラミック、前歯部

症例について

患者情報
30才代、女性
治療部位
右上1番オールセラミック
撮影日
2016年10月
歯冠破折によるジルコニアポーセレンクラウン。
歯肉部にもダメージがあったが、それも改善され患者様も満足されている。
関連する他の症例
審美歯科

CASE/08 ジルコニアインレー修復

宮田歯科医院(京都府右京区)

審美歯科

CASE/06審美修復 オールセラミック前歯部

宮田歯科医院(京都府右京区)

インプラント, 審美歯科

CASE04/インプラント上部構造、ラミネートべニア

Studio Prof Bracchetti(イタリア ミラノ市)

©KALOS Co., Ltd. All rights reserved.